「おんぶでは、まなざしが外へと開かれてゆく」


「おんぶでは、まなざしが外へと開かれてゆく」

朝日新聞の朝刊1面でコラム「折々のことば」を連載している哲学者 鷲田清一さん(京都市立芸術大学学長)の本日のコラム

愛とは見つめ合うことではなく、同じものを見ること

サン・デクジュペリの言葉と同じ
愛を伝える子育てのしぐさ、おんぶについて
素敵な言の葉ありました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です