おんぶのある暮らしのリズムにのせて今日は午前中、合気道、東洋医学を研究する方から「気」(本来は〆ではなく米の入った気の字!)の話を伺いました


おんぶのある暮らしのリズムにのせて今日は午前中、合気道、東洋医学を研究する方から「気」(本来は〆ではなく米の入った気の字!)の話を伺いました

天地のエネルギーを身体にめぐらし、そして天地にはなち、循環させると、やる気、元気、勇気が湧いてくる!

気はどこにあるのでしょうね
不可視で目には見えません

ただ、気が巡る姿勢と巡らない姿勢があることは、合気道や古武術、ヨガなどたくさんの身体術で言われています

日本人がお味噌汁を飲む姿勢は、お釈迦様の姿勢と同じ!気が巡る姿勢で、実際に飲まなくても、座って、手をお椀と箸を持つ姿勢にしただけで、上半身がふらつかなくなります

不思議ですが、本当です

おんぶとだっこなら、おんぶは気の巡る姿勢
身体をおんぶの型にすると、足裏全体が大地につき、ふらつきません

身体の使い方について学ぶことって、本当に面白いですね!私たちには日ごろ使っていない眠っている力がいっぱい!

気負わず、少しの工夫で引き出せることもいっぱいです

写真は今年の手前味噌で「みそまる」を仕込んだ日の様子
# #手前味噌#保存食と日々のごはんを楽しむ会#おんぶのある暮らしを今に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です