抱っこ紐安全協議会 布製だっこ紐の安全基準制定分科会主催、「布製抱っこひも安全基準分科会勉強会」に参加しました


布製だっこ紐の安全基準制定分科会主催、「布製抱っこひも安全基準分科会勉強会」に参加しました

ウルリーケ・ヘーバ氏 (ベビーウェアリング教育機関 ディ・トラゲシューレ創業者兼校長)をお招きしての勉強会

●赤ちゃんの足のポジションのこと
抱っこ紐で抱かれたときにポジションがよい状態の赤ちゃんは、自分の意志で身体を動かせて、足首を上げ下げすることができる

●赤ちゃんの表情をよく観察すること

●よいポジションのベビーウェアリングは赤ちゃんの発達を促す!

他にもたくさんの学びをいただきましたが、ドイツでは、年間800名から1000名のベビーウェアリングエデュケーターがうまれていて、両親学級のときに抱っことおんぶの知識を習うことができるという話が面白かったです!

日本でもぜひ実現させたい体制ですね

日本のSSCメーカー関係者もたくさん参加しての勉強会開催は、園田さん、今成さんのご尽力のおかげです

どのメーカーの何を使っても!道具は使わなくても!

赤ちゃんにとって心地いい体勢があることは大人たちみんなで知っておきたい産前産後のお話だと思いました

今週は木曜日からウルリーケ・ヘーバ氏のベビーウェアリングベーシックコースも始まりますが、すごく楽しみ♡

今日のお話でも、子どもの観察と行動の分析を大切にする姿勢

これは、モンテッソーリ教育の時と同じ!学びたい気持ちがあふれてきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です