国産オリジナルベビーラップ「JAPANESE FLOWER BOUQUET」開発ストーリー



― ジャパニーズフラワーブーケ ―
開発ストーリー

ジャパニーズフラワーブーケの模様は
日本のお着物の伝統的な柄
友禅模様からデザイン


ジャパニーズフラワーブーケデザイナー 稲木 実
埼玉県朝霞市 染色工房 稲木
東京手描き友禅作家

(プロフィール)
友禅染めは、江戸時代に京都の扇面絵師であった宮崎友禅斎が生み出したと伝えられています。 扇面絵師として知られていた友禅斎が呉服屋の依頼で小袖(当時の着物)に鮮やかな模様を描いたのが評判となり、友禅模様として注目されました。 そして参勤交代に伴って絵師や染師たちも京から江戸に移り、染物には必ず水が必要なので隅田川や神田川の近くに多く住みました。 これが東京友禅の起源となります。また特徴として、他の産地で友禅は工程ごとに分業で行われているのが主流ですが、東京友禅では構想から糸目糊、友禅、最後の仕上げまで一貫して作者が行います。染色工房稲木でも、京友禅と比較して華やかになりすぎず上品な色使いで染めた江戸の粋を受け継いだ友禅デザインを得意とし、一枚一枚丁寧な反を制作しています。



みんなのベビーラップ開発プロジェクト
2017年2月 開発テーマを発表!「Japanese flower bouquet」
みなさまに質問をさせていただきました!

(質問)女性向けのベビーラップの柄を作り込みます
あなたの好きな花は何ですか?
または、自分をお花に例えるとあなたは?

その呼びかけにたくさんの方に
ぞくぞくお花のリクエストをいただきました。ありがとうございました!

椿、たんぽぽ、紫陽花、バラ♡
よもぎ、ヤマブキ、藤
桜、梅
タチアオイ、萩

いただいた答えを見ても、何と豊かな国に私たちは暮らしているのだろう!と心が温かくなります!

そして、いただいた花々をみると、わたしたちに身近な種類がたくさんでした!

赤ちゃんとの暮らしの中でお散歩をするときに見つかる花々ですね。
どの花にしよう?と考えてはみたものの、もうどれもすべて愛しくて
小さいけれど、大地からあふれ出る力強さをもつ花々をすべて盛り込みたい!と

あえてしぼりこまず、すべてデザイナーの稲木実さんに託しました。

そして1か月!線の丸みや、配置のバランスなどなんどもやりとりを重ね、
お伝えした花々をすべて盛り込んだ、柔らかな曲線のやさしさを感じる
友禅模様のデザインができあがりました!

完成イメージのやり取りでは

造園の本
染めもの植物図鑑
自然農の本
野の花遊びの本

おもいでおんぶの実店舗「こどもとくらすことのアトリエ」でこの10年間
こどもとの暮らしによりそってきてくれた本たち総動員!

こだわったのは、赤
ちゃんの背中にくるトップレールに、
ブーケのような輪文様を!配すること
そして、ボトムレールには小花をちらし天地がわかりやすいデザインとすることです。

模様で天地がわかるため、ベビーラップ初心者の方にも、
引き締めている間の布の位置関係をはっきりと確認いただけるデザインとなりました。
 



 2017年 日本の春のようなあたたかでやわらかな4色の色を重ねた美しい色合わせと、
揺るがない美しさを表す、モノトーンの2色で展開
します

 

スケジュール
WEBマガジン登録会員の方 


先行予約受付スタート! 各色 先着20名様 ナンバリングの刻印付き
レミア特典商品をお届け
2017年10月14日(土) 戌の日 AM7:00から
10月21日(日)申込締切