おんぶ紐で赤ちゃんの股関節脱臼の予防*ベビーウェアリングができる店舗をお探しなら~整体的な観点でのベビーウェアリングの効果~


おんぶ紐

おんぶ紐で赤ちゃんの股関節脱臼の予防*ベビーウェアリングができる店舗をお探しなら

おんぶ紐で赤ちゃんの股関節脱臼の予防、ベビーウェアリングができる店舗をお探しの方や、整体的な観点から抱っこ紐を選べる店舗をお探しなら、【おもいでおんぶ】をご利用ください。【おもいでおんぶ】では、赤ちゃんの股関節脱臼の予防に大変役立つおんぶ紐や抱っこ紐をを取り揃えております。

赤ちゃんの股関節の健全な発達について考えていきましょう。「先天性」という名がついていますが、先天性股関節脱臼の9割以上は後天的なものです。(そのため最近は発育性股関節脱臼とも呼ばれています)新生児のもっとも自然な姿勢は、「開排位」というカエルのように左右に肢位を開いた状態です。

整体的な観点からのベビーウェアリングの大切さ

日本整形外科学会によると、股関節の外旋角度は左右の肢の間が100度
肢の外転=太ももが外に向かって開く角度は、30度~40度
膝の屈曲は100度が好ましいと言われています。

首が据わって腰が据わる前、4か月位の赤ちゃんをあやすために、わきの下に手を入れて高い高い!をしますよね。この時に見てみると、自然とこの肢の形になるのですよ!面白いですね。

この肢の形を無理に真っすぐにしたり、この肢位を妨げるような形のおむつや衣類をつけることで、股関節の自由な動きを妨げ、脱臼するのが股関節脱臼の主な原因です。温かい季節よりも、厚着をする寒い季節に生まれた子に多いけがです。

新生児は全身の関節が軟らく、股関節も非常にデリケートです。それは産道を通りやすくするためで、生後三カ月ころまで軟らかい状態が続き、次第に硬くなっていきます。股関節は、大腿骨が骨盤のくぼみの中にカポッと納まるようにはまっている状態が正常ですが、新生児の股関節は、大腿骨の周りがまだ柔らかく、軟骨状態であるということです。

大腿骨が柔らかいため、両足を下に引っ張り、股関節を伸展させる動作をするだけでくぼみから抜けたり、ずれたり、脱臼を誘発する危険性があるのです。

股関節脱臼は赤ちゃんが気がつかない怪我であるということ

軟骨状であることや、新生児の身体の神経細胞同士の連結前、首が据わったり、腰が据わったりして自身の意思で手足を動かすようになる前のことであるため、脱臼に気が付きにくく、骨が硬くなり始める3か月~6か月以降になって大人が気が付いても、すでに、軽脱臼の位置や向きで硬化してしまってからであったということもあることが課題です。

レントゲンの発達する前は、1歳をすぎて歩き始めてから気が付くというケースがほとんででした。

おんぶ紐や抱っこ紐の使い方から丁寧に学べる講座をプレゼントに

おんぶ紐をアウトドアが好きな方へのプレゼントに

おんぶ紐や抱っこ紐はどのようなものを選んでも、身体に負担がかかりにくい使い方を学ぶことが子育て中のお母さまの身体や赤ちゃんの身体にとって大切です。はじめてのお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントにもおもいでおんぶのおんぶ紐や抱っこ紐は最適です。

【おもいでおんぶ】では使い方が学べる動画講座や実践ワークショップも多数開催。小さな子どもを持つ方へのプレゼントにいかがでしょうか。実用的でおしゃれなプレゼントになるでしょう。

また、大人にも赤ちゃんにも優しいやわらかい素材を使用しており、4か月から3歳まで使える縫製強度を試験済ですので安心してご使用いただけます。プレゼントに迷った際は、ぜひご活用ください。

お役立ちコラム

おんぶ紐をお探しなら「おもいでおんぶ」へ

運営事業主 Damaya Company株式会社
所在地・店舗 〒 351-0011 埼玉県朝霞市本町1-15-40
TEL 048-465-8632
URL http://onnbuhimo.jp/