保存食と日々のごはんを楽しむ会


2016年4月の第2期 お申込み受付を近日募集開始!
「こどもとの時間を楽しむ・学ぶ」暮らしとコミュニティーの学び場
こどもとくらすことのアトリエが贈る未来へのプレゼント「保存食と日々のごはんを楽しむ会」

日本には美味しいものがたくさんある
雨、土、太陽があり、季節があり、命の循環が豊かな国
一粒の種がこぼれおちるだけで万倍となり還るこの瑞穂の国に
今生かされていることは、わたしたちに与えられた奇跡
自然界全部がこの身体を応援してくれるようになる
身体が喜ぶ食べ物に出会えるときを創っていきましょう


第1期2015年につくった保存食

  • 2015年4月23日 よもぎ大福、いちごシロップ
  • 2015年5月28日 らっきょう漬け・梅生番茶・くずあん
  • 2015年6月25日 梅干し・びわの蜂蜜漬け・びわエキス
  • 2015年7月23日 新生姜の甘酢漬け・ぬか漬け
  • 2015年9月24日 夏野菜のピクルス・バジルペースト
  • 2015年10月22日 穂紫蘇の塩漬け・柿の葉寿司
  • 2015年11月26日 たくあん仕込み・たまり漬け
  • 2016年1月28日  りんごづくしのおやつ
  • 2016年2月25日  米こうじ味噌
  • 2016年3月24日 甘夏ジャム

第2期はお申込みを承り中です。

各回3,500円
○保存食づくりのワークショップ体験、保存食のレシピ、家族のお味見用お持ち帰り品、身体に優しいランチ(ワークショップ運営費、ボランティア保険加入費、物品購入費、資料代含む)

(3歳から6歳までのお子さん連れの親子対象)
7月——夏休み特別ワークショップ——
みんな我が家の利き味の名人!こどもと体験するお味見の会「日本の出汁」
出汁の取り方と出汁の展開力を学ぶ
出汁の利いた手作りの麺つゆで、そうめんを食べよう!
定員20名 2,000円/1家族
 (予定)


  • 場所:子待ち助産院(旧名:めぐみ助産院:埼玉県新座市野火止6ー15ー10 武蔵野線「新座駅」徒歩10分・駐車場有)
  • 時間:10:30〜13:30(自由解散)
  • 各回ランチのみのお申込みも承ります 1,000円/人
  • お弁当箱位の容器をお持ちください。当日作った保存食は美味しくなる日を楽しみにお持ち帰りください
  • 子どもたちとのご参加を喜んでお待ちしています!

「子どもと暮らすことのアトリエ」ホームページよりお問い合わせください。

地球暮らしのごはんづくり工房 -運営者自己紹介-

木本志帆

木本志帆

(子どもと暮らすことのアトリエ代表/埼玉県和光市出身、朝霞市在住)
2007年より「地球と住まいをつなぐ-おもいでおんぶ」を運営。一級造園施工管理技士。モンテッソーリー教育(0〜3歳)教師資格取得。「子どもと暮らすことのアトリエ」で地域に暮らす親子の参加の場を創っている。たくさんのお母さん、赤ちゃんに出会えるのが楽しみ。こまち助産院名物のおんぶおばさんを目指します。


奥村千文

(しぜんなごはんのおやつ屋さん/大阪府出身、富士見市在住)
矢野千尋さんの自宅レストラン「しぜんなごはん」でおやつ作りを担当。身体にできるだけ負担をかけない、毎日食べても安心で何よりとっても美味しいと繊細で味わい深い料理を心掛けている。身体に優しいランチをどうぞお楽しみに。

奥村千文

坂田友紀

坂田友紀

(グラフィックデザイナー/東京都出身、新座市在住)
広告プロダクション(株)ビームスクリエイティブを経て、育児真っ最中に夫の転勤でタイへ。帰国後も自宅にてグラフィックデザインを続けている。マクロビオティック料理学校「一慧のクッキング」修了(宇宙法則研究会 大森一慧先生に師事)。ランチには多国籍な地球食メニューも登場するかも?!


宮澤聡子

(子ども英語クラブアップルツリー代表/長野県出身 朝霞市在住)
都心の商社で忙しく働くママから暮らしをシフトチェンジ。小学校英語指導者資格取得。2014年より自宅で子ども英語教室を運営し子どもの世界を広げている。信州の桃とりんご農家で育ち。得意料理は、料理上手な姉と母に教わったお惣菜、りんごで作るお菓子、発芽玄米のおむすび。

宮澤聡子