産後のお母さんの骨盤の位置を整える

お母さんの骨盤の位置を整える

赤ちゃんを身体の前面で抱っこすると、大人はバランスをとるために腰を反ってしまうことが多くなります。
骨盤底筋群や腹筋が緩んでいる産後のママは特に腰が反りやすいものです。

腰が反る姿勢を続けていると、お腹の筋肉は正しい位置にないために働きが弱くなり、抱っこしていなくても腰を反りやすくなり、腰痛に悩まされるという悪循環に。
腰が反った姿勢は他にも体にいろいろ影響します。
気を付けましょう。

抱っこひもを使っているときも、赤ちゃんの体が離れてしまうからといって、自分の体を前傾にはしないでください。

それよりも脇にあるストラップをもっと締めて赤ちゃんの体を高い位置で抱っこし、もう少し赤ちゃんの体が垂直になるように調整してください。

おんぶは、抱っこに比べて、腰がそる体勢にはなりにくいものです。

妊娠中や産後のママの前傾しがちだった骨盤位置を後傾に整える反運動のひとつです。

おんぶで骨盤の位置を戻して骨盤ケアを。ご自身の体をいたわりましょうね。

他にも肚や腰を使った育児の身のこなし方があります。

詳しい講座を企画しています。
開催日などはホームページに掲載します。
ぜひ、チェックしてみてください。