重心が整うので、肚が据わる、グランディングできる

重心が整う

正しい位置での抱っこやおんぶは、赤ちゃんと大人の重心が整います。大人も子どもも肚が据わり、足の裏すべてで大地を踏みしめることができるので、動きに無駄がなく、落ち着きをもって行動するグランディングした動きができるようになります。

足の裏すべてをつかって動作をしているか?ここに意識を向けるだけで、日常動作が丁寧に、穏やかに、心地よい状態に整っていきます。

チェックしてみましょう!

  1. 両足を肩幅に広げて立つ
  2. かかとを一度あげてから、ストンと落とし、足の裏全体が地面についているかを感じる
  3. 肩を一度あげてから、ストンと落とし、力をぬく
  4. 膝を少し緩める
  5. 腰を少し前傾する

この状態がグランディングして大地に立った状態です。日常、抱っこやおんぶの体勢でこの体勢をとれているか、チェックしてみてください。
大地の力が足の裏を通じて、頭のてっぺんまでにいきわたり、空高くまであがり、放射線を描くように自身の周りに広がっていき、この光をまとって、輝きながら生きる心地をみんなで共有していきましょう。

姿勢美人は、心美人!
心の底から、すべては大丈夫!と自信が湧き出てくるような姿勢を子育てを通じて自然に身につけていきましょう!

詳しい講座を企画しています。
開催日などはホームページに掲載します。
ぜひ、チェックしてみてください。