社会性が広がる

社会性が広がる

昔ながらのおんぶをすると、赤ちゃんの顔の高さが大人とそろいます。大人と同じ目線で過ごすことができるので、赤ちゃんも大人のコミュニケーションの輪に入れる機会が増えます。

たとえば、おんぶでお散歩をしていると、すれ違った大人と赤ちゃんの目線が合うので、子どもに話しかけてくれる人が増えました。

母親以外の大人に出会う機会がたくさんあること、このことが子どもの社会性を広げ、子どもを通じた大人の社会性も広げることに通じるのではないでしょうか。

子どもは世界の探求者です!おんぶ育児を通じて、豊かな社会性をもった子どもを育みましょう。

おんぶ育児について詳しい講座を企画しています。
開催日などはホームページでご案内いたしますので、
ご興味のある方はぜひご参加ください!