タグ: だっこ

Earth and ベビーラップ 4colorsサイズ5ダブルハンモック*初めての巻き方動画を送っていただきました!manami0987様ありがとうございました!

Earth and ベビーラップ 4colorsサイズ5ダブルハンモック*初めての巻き方動画を送っていただきました!manami0987様ありがとうございました!

巻いている最中や、巻き上がりに現れるEarth and ジャパニーズフラワーブーケ柄の面白さは、動画ならではの表現ですね💕素敵な作品を送っていただき、ありがとうございました!

manami0897様よりメッセージをいただきました。

「一枚布(ベビーラップ、兵児帯、さらし)でおんぶや抱っこをして、雪国山形で男児2人を育てています。

おんぶ歴3年、ベビーラップ歴は1年。
インスタグラムでmanami0987のアカウントでベビーウェアリング写真を中心とした投稿をしています。

ベビーラップ はとても密着してだっこやおんぶができるので、身体が楽!ベビーラップをみんなに広めたい!と思い立ち、山形市の自宅で月に2回ほど、一枚布おんぶ抱っこ練習会を不定期開催中です。

ベビーウェアリングがもっと広まりますように願っています!
いわきまなみ」

ありがとうございました!
#Earthand #ベビーラップ #おもいでおんぶ #ジャパニーズフラワーブーケ#madeinjapan

ベビー・キッズ&マタニティショー2017

ベビー・キッズ&マタニティショー2017
2017年10月14日.15日開催

抱っこ紐安全協議会 抱っこ紐展ブースの配布物として、ベビーウェアリングジャパン「赤ちゃんの発達とだっこ」リーフレットを採用いただきました。2日間を通じて、1000部配布いただきます。

内容がよい。ベビーウェアリングジャパンコミュニティと各地で講習会を行うベビーウェアリングコンサルタントの活動の応援に、と抱っこ紐安全協議会理事の皆様にメッセージをいただきました。

ありがとうございました。

国産オリジナルベビーラップ「Earth and」製品仕様

(仕様)
・素材:綿100%
・230g/㎡
・幅80cm
・ベビーラップ9サイズ | リングスリング 対応可
・リングスリング 素材 アルミニウム
内径 7.6センチ
外径 8.8センチ

※お洗濯はネットに入れずに、洗濯機で丸洗いいただけます。

地球と住まいをつなぐベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」
国産初ジャガード織りのオリジナルベビーラップは光沢のある綿100%生地の制作から
ユーザーへのヒアリングからお洗濯のしやすと美しさのバランスを図りました


4色の糸をつかった国産初ジャガード織りのオリジナルベビーラップは、埼玉県飯能市の創業150年老舗機元株式会社マルナカにベビーウェアリング業界で初めて織っていただいたオリジナル生地です。日本で海外のベビーラップ情報に精通するベビーラップのコンサルタントたにうちゆきさんにもコンサルいただき、オランダの高級ベビーラップメーカーのベビーラップをベンチマーク。当初はシルク混合生地の制作も検討しましたが、その後、日本のユーザーへのヒヤリングの結果、コストを抑えることと、お洗濯のしやすさを優先、綿100%糸での制作に転向しました。


ベビーウェアリング業界初のジャガード織生地制作
デザイナーの希望を技術でかなえることがわたしたちの使命と
日本の職人の視点でヨーロッパのベビーラップ生地を分析

株式会社マルナカでは、ファッションファブリック、インテリアファブリックを中心に特殊織物をあらゆる素材を独自の企画と技術で生産されています。 今まで制作をかさねてきた生地の見本が講堂いっぱいに保存されており、実際に拝見させていただきました。多くのデザイナーがこの講堂内の生地資料には魅了され、午前中にはいって夕方まで出てこないこともある!という貴重な生地資料がたくさんでした。

現在日本の多くの産地が綿・ウール・絹・など得意な素材を選んで製織を行う中、株式会社マルナカでは、素材の混合や、とくに太さの違う色や織り目の異なる生地などの変わり生地の制作を得意とされています。パリコレクションや日本のアパレルブランド生地を多数手がけるアパレルブランドのデザイナーが密に通う、日本国内でも貴重な機元です。今回もベビーウェアリング業界初の生地制作の依頼に、デザイナーの希望を技術でかなえることがわたしたちの使命ですとおっしゃっていただき、細やかな視点でヨーロッパのベビーラップ生地の分析をしていただきました。

 

ベビーラップ生地にもとめられる
相反する2つの機能を同時に実現

今回のベビーラップ生地の制作では、機能面で二つの目標がありました。

◎質感として、シルクのような光沢を目指すこと
◎引き締めの際の摩擦力の高いものにすること

ベビーラップ生地にもとめられる機能として、生地の柔らかさ、風合いと、ある程度のザラザラ感=引き締めのときの摩擦力という相反する機能が求められます。いくら見ために可愛らしく、美しい生地でも、薄すぎたり、すべる生地はベビーラップには向かないという難しさがありました。実際、機元に製織を依頼する前には、現在日本の市場に出回る既成品のジャガード織生地を複数取り寄せました。しかし、既成品のジャガード織生地をそのままベビーラップにすることは非常にむずかしいという結論に達しました。

株式会社マルナカさんには、今回、この2つの希望を、絹のような光沢のある綿糸の選択と、織り目のバリエーションを複雑にし、糸目の向きを増やすことで解決いただきました。

◎シルクのような光沢をどのように目指したか?

絹のような光沢は、綿100%シルケット加工糸を選択することで実現しました。シルケット加工糸は、綿糸を引っ張りながら苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)という薬剤で処理し、絹のような光沢を得ています。苛性ソーダは石鹸作りや、藍染や草木染めの染色の前処理としても使われる薬剤で海の塩を電気分解して作られています。苛性ソーダでシルケット加工をすると、生糸の染色性の向上、吸湿性の増加、寸法の安定、強力の向上など様々な性質がレベルアップします。ただ、綿ならではのふんわりと柔らかな風合いはなくなってしまいます。そこで、今回のオリジナル生地では、4糸の内すべてをシルケット加工糸にはせず、普通綿糸と混ぜ、柔らかな風合いと光沢の両方のバランスを図りました。

◎引き締めの際の、摩擦力を上げる工夫

織り目のバリエーションを複雑にし糸目の向きを増やすことで解決しました。今回のオリジナルベビーラップ生地は2柄あります。柄は異なりますが、実は2柄とも表に見える柄の裏に、地模様となる「透かし」模様が入っています。生地を窓辺で光にかざすとはっきりと浮き出てきます!

この「透かし」模様は、見た目の美しさのためだけに入っているのではありません。ベビーラップの大切な機能である、引き締めのときの摩擦力をあげるためにあえて入れています。もしこの「透かし」模様がなければ、表に見える柄以外の部分の生地は平織りとなり、非常に摩擦力の低い織地となってしまいます。そこで、柄の入っていない部分の織り目のバリエーションを増やすために、地模様をいれました。

また、表にでている柄の入っている部分をよくみていただくと、ひとつの花びらや曲線の中の織り目の向きが様々であることに気が付かれることでしょう。単純な織り目の生地ですと一織で柄を出せるところを、あえて、製織前に複雑な織り目の指定をし、糸目の向きを増やし、生地の摩擦力をあげました。この織り目の複雑さはヨーロッパのベビーラップにはまだない日本の職人の工夫でつくられたものです。

ベビーラップ初心者の目線で開発
あえてのプラス10cmには?!どんな意図が?
天地がわかりやすいデザイン

今回のオリジナルベビーラップは、ベビーラップ初心者の目線で開発しています。初心者の目線でベビーラップの使用を考えたとき、むずかしいのが、だっこやおんぶのときのシートづくりとトップレール・ボトムレールの区別でした。ベビーラップには様々な結び方がありますが、どの結び方でもポイントとなる大切な点です。そこで、デザイン面でこの大切なポイントを簡単にする3つの工夫をしています。

1.あえてのプラス10cmで、初心者のシートのつくりやすさとおんぶしやすさを実現!

まず1つめの工夫は、日本で数少ない超大型ジャガード織機を使用し、幅80cmの幅広サイズのベビーラップを開発したことです。一般的なベビーラップは幅70cmで展開されることが多いです。おもいでおんぶでも取り扱いがあるオランダのYaro slingsやドイツのDidymosの標準的な幅は幅70cmです。そして、幅70cmのベビーラップの中には、もうすでにデザイン的にも機能的にもすぐれたベビーラップが多くありました。(引き続きYaro slingsとDidymosをお勧めします!特に新生児からのDidymosシルク混合の使用は素晴らしいと考えています。)

そこでEarth andでは、プラス10cm幅広な幅80cmベビーラップを企画し、初心者のシートのつくりやすさを叶えました。特におんぶにこだわる弊社ならではの工夫でもあります。おんぶの時に大人と赤ちゃんの身体の間に手を入れ、わきの下までシート引き上げるしぐさ!このしぐさがはじめはとってもむずかしく、背中にまわした手でボトムレールをつかまえにくかったためです。さらに、ベビーラップの良さとして、トドラーのおんぶで抜群の安定感を発揮することから、幅広なベビーラップで日本のトドラーおんぶへ対応しました。

2.ベビーラップはテールを鋭角にカット、スリングはテールを直線にカットすることで初心者にわかりやすいデザインに

生地の歩留まりだけを考えると、ベビーラップもスリングもテールの形を合わせた方が、歩留まりがよく、効率的に製造ができるでしょう。しかし、初心者の目線でベビーラップとスリングの形を考えたとき、それぞれのテールの形は異なる方が、わかりやすいと考えました。

そこで、ベビーラップのテールは鋭角にカット。初心者でも握りやすく、フィニッシュの結びがしやすいデザインとしました。

スリングはテールを直線にカット。リングに通した後に、スリング生地が均等にリングに通っているか?を確認のしやすいデザインになっています。

3.天地のわかりやすい柄を開発

今回展開する2柄とも、天地がわかりやすいデザインとなっています。ベビーラップの結び方を練習する際は、いつも、トップレールとボトムレールの場所を確認しながら、天地がひっくりかえっていないか?ねじれていないか?を目で見て、手で触りながら確かめて結びを完成させます。

初心者やベビーウェアリングのレッスンをするコンサルタントにとって、ベビーラップの天地がわかりやすいことは大切な観点です。
そこで、今回の2柄は両柄とも、80cmの幅の中ではっきりとデザインを分けています。大きな柄と小さな柄を配置することで、視覚的にも触覚的にも天地がわかりやすいユニバーサルデザインとなっています。


これらの3つの工夫で、新生児のだっこから、トドラーのおんぶまで、長く赤ちゃんとの暮らしによりそいます。


 

 

 

 

【開催報告】子育て支援者向け「ベビーウェアリングの理論と実践講座」2017年10月2日東京都港区白金台

【開催報告】子育て支援者向け「ベビーウェアリングの理論と実践講座」2017年10月2日東京都港区白金台

助産師、理学療法士、保育士、メーカー他、たくさんの方々にお集まりいただきました。

午前は座学、午後は実践の5時間のプログラムでは、「大人と小さな人」両方の身体によい影響がある密着しただっこを体系的に学ぶことができましたとのご感想をいただきました。

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

イベントやベビーウェアリングの会でお会いした方、その道のプロ、みなさまと2月から創ってまいりました、地球と住まいをつなぐベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」オリジナルベビーラップ*みんなのベビーラップ開発プロジェクト2017*

イベントやベビーウェアリングの会でお会いした方、その道のプロ、みなさまと2月から創ってまいりました、地球と住まいをつなぐベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」オリジナルベビーラップ*みんなのベビーラップ開発プロジェクト2017*

プロジェクトの詳細は秋にはみなさまに公開ができるかな〜?!とお話ししてまいりました。

そのオリジナルベビーラップのブランドですが!いよいよ!

ブランドネームを公開!✨

「Earth and」

大地の上で
大地の上に
大地の上を

寝転んだり、出かけたり、見つめたり

赤ちゃんとの暮らしの中にそっとよりそい
はばたく時間のためのだっことおんぶの道具を提案します

近日、詳細もご案内できそうなところ!

先行予約受付や特典について、今後メールマガジンでご案内させていただきます。

まだメールマガジンに登録されていない方はぜひお早めにご登録を!
http://onnbuhimo.jp/earth-and-preorders/

何かはじまるらしいよ♡と身近な方へお知らせください♡(シェア大歓迎です!)よろしくお願いいたします!

抱っことおんぶの練習会*だっこやおんぶも学ぶ時代!もう言い切っていきます!学ぶと絶対楽になる!楽しくなる!

抱っことおんぶの練習会*だっこやおんぶも学ぶ時代!もう言い切っていきます!学ぶと絶対楽になる!楽しくなる!

近日埼玉開催の情報をシェアさせていただきます!

ベビーウェアリングJAPAN*ベビーウェアリングコンサルタントが集まるベビーウェアリングコミュニティ

ベビーウェアリングJAPAN*ベビーウェアリングコンサルタントが集まるベビーウェアリングコミュニティ

10月2日の子育て支援者向け講座に向けて、エルゴベビーの最新情報を学びに東京都世田谷区二子玉川の直営店に伺ってきました。

●エルゴのデザイン思想
●赤ちゃんの発達に対する考え方
●妊娠中から生後の時期に合わせた抱っこ紐の選び方
●親子の体格妊娠中合わせたバックルや紐、インサートの使い方、調整方法

など
10月2日子育て支援者向け講座でご紹介させていただきます!
(お申し込みは↓)
http://www.didymos.jp/blog/workshops/shien1002/#.WbhuzpgN2bc.facebook

***子育て支援者向け***
1dayワークショップ開催

2017年10月2日

ベビーラップ・アドバイザー、ベビーウェアリングコンシェルジュ、世界的なベビーウェアリング(だっこ全般を広く扱います)学校であるディ・トラゲシューレで学んだ経験豊かな各分野の専門家3名が、子育て支援現場や周産期現場でのお悩みや、必要な知識を丁寧にお伝えし、フォローアップする1日講座
http://www.didymos.jp/blog/workshops/shien1002/#.WbhuzpgN2bc.facebook

#ベビーウェアリングJAPAN#ベビーウェアリングコミュニティ#子育て支援者向け講座

今朝は9月の新月!朝霞市の素敵なセミナースペース「コトノハコ」で初のセミナーをさせていただく予定でしたが、赤ちゃんとママのご参加でしたのでやはりワークショップに!7ヶ月の男の子とママが初めてのおんぶに挑戦しました

今朝は9月の新月!朝霞市の素敵なセミナースペース「コトノハコ」で初のセミナーをさせていただく予定でしたが、赤ちゃんとママのご参加でしたのでやはりワークショップに!7ヶ月の男の子とママが初めてのおんぶに挑戦しました

エルゴのだっこの調整→初めての素手でおんぶ
→エルゴおんぶ→おんぶ紐でのおんぶという流れでチャレンジ

素手のおんぶのときには、初めての体勢に大泣き

それでも、何、何、何?と周りを見渡し
ポンポンおしりをあやされ
背中の温もりが伝わるころには、すっきりと穏やかなお顔に

そしてまた、今度はおんぶから降ろしたときに、降ろしちゃダメーと大泣き♡

可愛い、可愛いと動じない講師とママを見上げて初めてのおんぶの心地に、とっても名残り惜しそうでした

終わって、到底1人ではチャレンジできなかったとおっしゃったお母さん

そうですよね。

私たちにははじめて体験するしぐさがたくさんあります

はじめては怖いこと

わかります

でもやるよー!できるよー!と励まして、支える

私たちは、あなたの身近な頼れる人になります

おんぶとだっこのこと
暮らしのこと
仕事のこと

相談承り〼こどもとくらすことのアトリエ&おもいでおんぶ
http://onnbuhimo.jp

だっことおんぶのバランスを整え美しくなるワークショップ

だっことおんぶ

だっことおんぶのバランスを整え美しくなるだっことおんぶ
♥ベビーウェアリング美人革命

地球と住まいをつなぐおんぶ紐専門店

おもいでおんぶ

しあわせだっことおんぶのワークショップ開催中!

まんまるな心を寄せ合う子育てのしぐさ だっことおんぶ
 

授乳や沐浴は母親学級でも習うけれど、赤ちゃんとの暮らしの中で、たくさん行うだっことおんぶ

 

この動きを学ぶ機会がなかなかないまま、お母さんになることが多いのではないでしょうか

 
 

赤ちゃんにもお母さんの体にも優しい、だっことおんぶの動き方があります

 

この動き方は、身に着け、日常生活に取り入れていくだけで、運動不足の身体を無理なくほぐせて、動かせるエクササイズ効果が!!

 

 
 
初めて挑戦するのは少し勇気がいるという方も多い、昔ながらのおんぶは
 
特に、母さんの両手が空くだけではなく、
 
赤ちゃんにとってもお母さんにとっても良いことがいっぱい!

 

はじめてのだっことおんぶに寄り添うワークショップを企画しました。

 

一緒にだっことおんぶをマスターしましょう

 

時間 10:30〜12:00  (10:00〜受付開始)

場所: 子どもと暮らすことのアトリエ

地図:http://www.kodomotokurasukotonoatolier.com/アトリエについて/

●赤ちゃんの身体のこと

●赤ちゃんを抱く・おぶうというコミュニケーション

●おんぶに挑戦

(多機能おんぶひも、スリング、昔ながらのおんぶひも、兵児帯など)

●お手持ちのおんぶひもと抱っこひもの調整相談も承ります

 

参加費5000円(三年番茶か森のコーヒー、カフェインレスたんぽぽコーヒー付)

新規個別ご体験お申込み 各回1名限定

 

おんぶは日本の育児の型です

独特な背負い投げのような身体の動かし方そのものに、不安があるという声を耳にします

家の中ではおんぶをする方も多いのですが、なかなか紐を使ったおんぶをする瞬間、

その時の身体の動かし方=型を見ることもないのではないでしょうか

親子共に楽な身体の型である「昔ながらのおんぶ」の仕方をお伝えします

 

おんぶができればラクだけど、うまくできない。 ちょっと怖い、なかなかコツがつかめない・・・。

そんなお悩みママのために、 「おもいでおんぶ」の木本がたっぷり“おんぶ”を語ります!

おんぶという身体の使い方を学ぶことによって、7歳までの育児が楽になる!

「だっことおんぶ」それぞれの赤ちゃんの身体の発育に関しての影響などを学びつつ、
昔ながらのおんぶひもなのにモダンな「スタイリッシュおんぶひも」も試着してみましょう!

赤ちゃんを「ひょい!」と背負い上げる快感と心地よい温もりを体験してみてください♪

 

ベビーウェアリングの理論(1)だっこの姿勢で関節脱臼を予防する

①整体的な観点でのベビーウェアリングの効果
1)だっことおんぶの時に、赤ちゃんの股関節脱臼の予防ができるのがベビーウェアリング
**********************************
赤ちゃんの股関節の健全な発達について考えていきましょう。「先天性」という名がついていますが、先天性股関節脱臼は9割以上は後天的なものです。(そのため最近は発育性股関節脱臼とも呼ばれています)新生児のもっとも自然な姿勢は、「開排位」というカエルのように左右に肢位を開いた状態です。

開排位 抱っこ 股関節 脱臼

日本整形外科学会によると、股関節の外旋角度は左右の肢の間が100度
肢の外転=太ももが外に向かって開く角度は、30度~40度
膝の屈曲は100度が好ましいと言われています。

首が据わって腰が据わる前、4か月位の赤ちゃんをあやすために、わきの下に手を入れて高い高い!をしますよね。この時に見てみると、自然とこの肢の形になるのですよ!面白いですね。

この肢の形を無理に真っすぐにしたり、この肢位を妨げるような形のおむつや衣類をつけることで、股関節の自由な動きを妨げ、脱臼するのが股関節脱臼の主な原因です。温かい季節よりも、厚着をする寒い季節に生まれた子に多いけがです。

新生児は全身の関節が軟らく、股関節も非常にデリケートです。それは産道を通りやすくするためで、生後三カ月ころまで軟らかい状態が続き、次第に硬くなっていきます。股関節は、大腿骨が骨盤のくぼみの中にカポッと納まるようにはまっている状態が正常ですが、新生児の股関節は、大腿骨の周りがまだ柔らかく、軟骨状態であるということです。

大腿骨が柔らかいため、両足を下に引っ張り、股関節を伸展させる動作をするだけでくぼみから抜けたり、ずれたり、脱臼を誘発する危険性があるのです

 

軟骨状であることや、新生児の身体の神経細胞同士の連結前、首が据わったり、腰が据わったりして自身の意思で手足を動かすようになる前のことであるため、脱臼に気が付きにくく、骨が硬くなり始める3か月~6か月以降になって大人が気が付いても、すでに、軽脱臼の位置や向きで硬化してしまってからであったということもあることが課題です。

レントゲンの発達する前は、1歳をすぎて歩き始めてから気が付くというケースがほとんででした。

理論を実践!
♥ベビーウェアリングエッセンス グループレッスンでベビーウェアリングの姿勢を学ぶことができます。

新生児における代表的疾患の一つでもあるこの先天性股関節脱臼は欧米人に比べてアジア人に多いといわれています。日本、モンゴル、アメリカのネイティブインディアン(祖先はモンゴル系)などです。 特に日本は1970年以前脱臼多発国といわれ、完全脱臼の発生率は1%程度(100人の出生に1人)で生じていました。

その当時日本では布の三角おむつや巻きおむつが使われており、おんぶも足を真っすぐにさせていたため、股関節が伸展を強制され、脱臼が多発していたとされています。

おんぶは首が据わる3か月~4か月ころからできますが、足をまっすぐに伸ばしたり、両足を輪の中に通し、股関節を下から圧迫するような姿勢になるおんぶはさけましょう。

出生後の脱臼予防活動が徹底されるようになり、80年代には0.2%程度に減少しました。しかし最近また発生率が増加傾向に転じているという報告がされており、ベビー用スリングの流行と関係があるのではないかと日本小児股関節研究会や小児整形外科学会から指摘があがっています。

 

股関節がまだ安定していない新生児期に横抱きでスリングを使用するということは、巻きオムツと同様の効果をもたらすおそれが高いからです。2010年に股関節脱臼の恐れ、および気道の確保が困難という理由で、アメリカ・カナダでスリングでの新生児の横抱きが禁止されました。日本ベビースリング協会も生後3カ月ごろまでの赤ちゃんは頭を上にして、股を開かせる「基本抱き」(コアラ抱っこ)にするよう注意を呼びかけています。

 

ベビーウェアリングの道具として、スリングは優れた道具ですが、赤ちゃんの股関節に負担がかかる横抱きの姿勢ではスリングを使用しないでください。素手でのだっこの時に、首のうしろと膝の下を支えて横抱きする姿勢は赤ちゃんの負担にはなりません。横抱きをした体勢で、横から骨盤を圧迫する姿勢は、赤ちゃんの股関節に負担がかかるためさけてください。

理論を実践!
♥ベビーウェアリングエッセンス グループレッスンではベビーウェアリングの体験ができます。申し込みフォームはこちら↓

赤ちゃんの体によい刺激を与え、丈夫で綺麗な身体をつくる講座

赤ちゃんの体によい刺激を与え
丈夫で綺麗な身体をつくる

親子ともに身体をゆがませないだっことおんぶの習慣を身に着ける

ベビーウェアリングのエッセンスを抽出✨
このしぐさの仕組みを理解し、お持ち帰りください

(セミナー申し込み〆切まであと2日!!!)
http://www.onnbuhimo.com/phone/product/307

ゆがませない習慣を身につける!赤ちゃんのだっことおんぶの理論①グループセミナー申し込み受付

おんぶ紐のおもいでおんぶ

赤ちゃんの体によい刺激を与え、丈夫で綺麗な身体をつくる
親子ともに身体をゆがませないだっことおんぶの習慣を身に着ける

「ベビーウェアリングエッセンス」

この動作を日常の暮らしの取り入れるだけで、

赤ちゃんの股関節脱臼を予防し、親子の健康な身体がつくられていくのです。

ベビーウェアリングは赤ちゃんを身にまとうようにだっこやおんぶをする
だっことおんぶを通じた赤ちゃんとのコミュニケーション方法

この方法をしっているだけで、特別な健康維持や増進のメンテナンスに特別時間をかけることなく、生活動作の中で、日々の身体のメンテナンスができるようになります。

【開催日時】
9/19(火)10:30~12:00
9/20(水)10:30~12:00

【参加料金】
通常5,000円
メルマガ読者 初回2,500円
※上記からご希望の日時を以下にご記入ください。
こちらからの返信を持って、日時の確定となりますことをご了承ください。
なお、日程は先着順になりますので、お早めにお申し込みください。

ベビーウェアリングエッセンス グループレッスン体験申し込みフォーム

Read More

だっことおんぶを通じた赤ちゃんとのコミュニケーション方法を発信するコンサルタントのコミュニティ*ベビーウェアリングJAPAN*

だっことおんぶを通じた赤ちゃんとのコミュニケーション方法を発信するコンサルタントのコミュニティ*ベビーウェアリングJAPAN*

東京都港区白金台
子育て支援者向けの講座開催!
(お申し込みはこちら↓)

***子育て支援者向け***

***子育て支援者向け***
1dayワークショップ開催

2017年10月2日

ベビーラップ・アドバイザー、ベビーウェアリングコンシェルジュ、世界的なベビーウェアリング(だっこ全般を広く扱います)学校であるディ・トラゲシューレで学んだ経験豊かな各分野の専門家3名が、子育て支援現場や周産期現場でのお悩みや、必要な知識を丁寧にお伝えし、フォローアップする1日講座です。

赤ちゃんの発達やお母さんの身体へなど、だっこがもたらすいろいろな影響、理想的な抱き方から日本でよく使われる抱っこ用品全般の分類と体験を体系化

だっこってなに?

どんなだっこがいいの?

どんな抱っこ紐があって

どんな風に選び

どんな風に着用できるの?

「いろいろあるので、1度整理してみたい」

そう感じている子育て支援者の方々に、オススメの講座です。

(お申し込み事務局はこちら)
http://www.didymos.jp/blog/workshops/shien1002/#.WbhuzpgN2bc.facebook