タグ: 子育ての呼吸

こそっとこぼれ話*来週WEBマガジン読者限定*サンプルセールを計画中*ご登録がまだの方は週末にURLをチェックしてみてくださいね!http://www.onnbuhimo.com/page/52

こそっとこぼれ話*来週WEBマガジン読者限定*サンプルセールを計画中*ご登録がまだの方は週末にURLをチェックしてみてくださいね!http://www.onnbuhimo.com/page/52

子育ての呼吸*WEBマガジン 最新号では
特集「ベビーウェアリング理論① 赤ちゃんの股関節脱臼予防とベビーウェアリング」をお届けしています!

「子育ての呼吸*WEBマガジン」は赤ちゃんとの暮らしの情報や季節にあわせた暮らしのコトゴトなど、だっことおんぶのある暮らしを今に伝える方へ贈るラブレター💌

ご登録はこちらから↓
http://www.onnbuhimo.com/page/52

おんぶ紐、スリング、ベビーラップのベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」*子育ての呼吸*WEBマガジンvol.8

おんぶ紐、スリング、ベビーラップのベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」*子育ての呼吸*WEBマガジンvol.8

【特集 ベビーウェアリング理論①】
-赤ちゃんのだっことおんぶのポジションと健康-
http://www.onnbuhimo.com/page/52

赤ちゃんを身にまとうようなだっことおんぶ「ベビーウェアリング」の必要性、良さは4つの観点で語られます

①整体的な観点:赤ちゃんの股関節と背骨の健全な発達
②心理的な観点:信頼・愛着形成
③医療的な観点:赤ちゃんの発達を促す
④哲学的な観点:人間とは何か?愛とは何か?

子育ての呼吸*WEBマガジンvol.8 無料メール講座では、この①~④の観点の内、①について解説しています。

子育て支援に関わる方や、こどもとのくらしの中ででてくるだっことおんぶの疑問について解決し、学びを深めてみたい方にお届け!

普段のワークショップでちょこちょこ理論的な
説明をいれてはいくのですが、赤ちゃんの抱き方のポジションや道具の使い方がメインで、今回のように理論をまとめてお伝えする機会ははじめて

ここまで無料でいいの?というベビーウェアリングスクールで学ぶ知恵を今回は特別に、メールマガジン購読の方へ、おしみなくお伝えします!
vol.8 ご登録は9月末まで!

9月19日は個別相談会
http://www.onnbuhimo.com/product/300
9月20日セミナー ベビーウェアリング理論
http://www.onnbuhimo.com/product/307
9月22日 保存食と日々のごはんを楽しむ会
(満員御礼)

おんぶ紐、スリング、ベビーラップのベビーウェアリング専門店*おもいでおんぶ*9月のプレゼントは「ベビーウェアリング理論①」無料メール講座

おんぶ紐、スリング、ベビーラップのベビーウェアリング専門店*おもいでおんぶ*9月のプレゼントは「ベビーウェアリング理論①」無料メール講座

子育ての呼吸*WEBマガジン購読の方限定
無料メール講座(配信開始!)

赤ちゃんの整体的な観点から、だっことおんぶを学ぶ

9月20日(水)は対面セミナー講座も開催
詳細は↓
http://www.onnbuhimo.com/page/52

子育ての呼吸*WEBマガジン vol.7 やっぱりつながっている!子どもの健康とだっことおんぶの姿勢

うちゅうのはじまりのものがたり

▼ 子育ての呼吸*WEBマガジンvol.7号(無料)
だっことおんぶのある暮らしの毎日を、もっと楽しく。
最新情報もいっぱいのこどもとくらすことのアトリエメールマガジン
https://www.kodomotokurasukotonoatolier.com/

$today$

 

************************************

(特集)子どもの健康と、だっことおんぶの姿勢はやっぱりつながっている!

先日、正しい授乳と咀嚼から歯の健康を考える

一般社団法人SHTA 理事 森田 健太郎先生より「歯並びと姿勢の関係」について学んできました。

あなたにとって健康とは?からはじまった講座から、

だっことおんぶの姿勢に役立つ明快な理論!に

特集 ↓ でお伝えします♡

************************************

(プレゼント中!)
2017年7月末日まで おもいでおんぶ商品をご購入の方へ豆本プレゼント中!

「うちゅうのはじまりのものがたり」

宇宙のはじまりのお話をお子さんに伝えてみませんか?
広い宇宙のどこに自分が生きているのかをイメージする、
心の世界をふっくら広げるストーリー

わかっても、わからなくても♡

お子さんのお名前に置き換えて、一緒に読んでみてくださいね。

************************************

「子育ての呼吸*WEBマガジン」は新情報や、
季節にあわせた暮らしのコトゴトを
お届けするメールマガジンです

自然のこと、地球のこと、宇宙のこと、わたしたちのこと

どんなことに気づきながら大人が生きているのか?ということ

28歳になる子どもに役に立つあれこれを、0歳へも語りかける人に
より一層楽しんで頂けるようなコンテンツを配信します

************************************

【定期ワークショップを開催中】

7月18日 心を寄せ合う子育てのしぐさ しあわせだっことおんぶのワークショップ
http://www.onnbuhimo.com/product/269

7月18日 柿の木定食
http://www.onnbuhimo.com/product/268
*****8月はワークショップはお休みです*おもいでおんぶ夏休み****

2017年8月5日~17日 夏季休業をいただきます。
この間のご注文は通常通り承りますが、お問い合わせへの返答・発送は17日以降となります。
ご不便とおかけしますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

************************************
9月12日 心を寄せ合う子育てのしぐさ しあわせだっことおんぶのワークショップ

9月~11月 保存食と日々のごはんを楽しむ会 第2クール募集中
http://ur0.biz/EEFH

9月22日 しあわせだっことおんぶファシリテーター養成講座
赤ちゃんとの暮らしをもっと安全に!もっと心地よく!
抱っこ紐講座の運営、ファシリテート方法を伝授
日本全国で!あなたの街の出前講座に「だっことおんぶのしぐさ学ぶ」
90分プログラムを提案しようプロジェクト!
このメールへの返信でもお問い合わせ・お申込みいただけます!
「●日参加希望」とご返信くださいね。

************************************

 

(特集)やっぱり!子どもの健康とだっことおんぶの姿勢はつながっている!

    歯医者さんに学ぶ、歯並びと姿勢の関係から学んだこと

 

************************************
先週、正しい授乳と咀嚼から歯の健康を考える

一般社団法人SHTA 理事 森田 健太郎先生より「歯並びと姿勢の関係」について学んできました。

 

あなたにとって健康とは?
どんなときに健康と感じる?という質問からはじまった講座

答えを考えてみると、

〇気力・体力がみなぎるとき!

〇身体のキレがよいとき!

〇しあわせなとき!

〇食べ物がおいしいとき

などなど!わりと体育会系な健康観なわたし♡

本当に、毎日健康でしあわせです!
森田先生は、歯の定期検診、口の中の健康増進1000人プロジェクトもされているそう。

日本人1億2千万人のうち、歯科医師さん1人が1000人の定期検診をして

口の中の健康維持につとめれは、日本人みんなが健康に!とのお言葉がありました。

 

たしかに大人の健康は、今、病ではないこと

Keep my health
健康維持=健康
なのですよね

だからこそ、大人は口の中を綺麗にすることが健康につながります
けれども、こどもの場合は

Grow up to be health
健康な体を作っているまさに最中
健康な歯を作るために日々必要なことがある!というお話しでした。
健康な歯をつくるために日々必要なことをご紹介すると大きく5つ
1)奥歯で固いものをかむこと
2)食卓にお茶をおかないこと
3)母乳育児または固い吸い口の哺乳瓶を使うこと
4)舌の筋トレが大切
5) 鼻呼吸をすること
「固いものをよく噛んで食べるといい!」とよく聞きますし、

わたしも言われて育ったと思うのですが、

なぜいいのか、本当はあまりよくわかっていませんでした。

 

それが実はすべてつながっていたなんて!

今回、驚きでした!

 

実は、現代人の歯は、縄文人その後の江戸時代の人と比べて奥歯が内側に倒れてきているそうです。

これは固いものを噛まなくなってきた影響
1)そこで、奥歯ですりつぶすように固いものを噛む運動をすると、歯が立ち上がり、
歯茎や舌の奥の筋肉を鍛えることができるのです。

するめやビーフジャーキー、ハード系のフランスパン位の固いものを!

 

2)奥歯でよく噛むためには、食事中には水分を飲まない、
食べ物を水分で流し込む習慣をつけないことが大切
3)口の中の筋肉を鍛える運動は、実は授乳期からはじまっていて、
母乳育児で乳首を深くくわえて口の周りの筋肉すべてを動かすことは、
口唇、顎の発達に影響を与えています。

毎日のことですからね
4)口の周りや舌の筋肉が発達し、歯がしっかりと立ち上がってくると
下の歯の生えている歯並びのUの字が十分にとれて、
舌をゆったりと下の歯の歯並びの間におさめることができます。
舌が入るスペースが十分にあると、口の中で舌先の位置が
上顎の裏あたり、高い位置にきます

 

逆に、舌が入るスペースが十分にないと、口の中で舌の位置が
下がり、下の歯の裏あたりにくることになります。

 

5)舌の位置が下がると、気道が狭くなり、鼻呼吸がしにくくなります。
そして、息苦しいので、口呼吸をするようになり、口が開き、顎が上がります。

 

口呼吸は鼻呼吸に比べて酸素交換量が少なく、脳に酸素が行き届きにくくなるため、
集中力の低下や落ち着きのなさにつながります。
また外部からの雑菌の侵入を防ぎづらくなり、感染症にかかりやすくなり、
健康に影響します。

さらに、顎を上に向けた姿勢で腰椎を立てることは難しく、
骨盤が後傾きに倒れて、ぐにゃりと腰の曲がった姿勢に、、、

 

 

 

 

もうなるほどと、深いため息がでそうに、何度もなるほどとうなずいていました!
理論明快で、ストンと腑に落ちませんか?!

 

日ごろ赤ちゃんのだっこやおんぶの姿勢について気になり、観察をしていると

のけぞった姿勢でだかれていたり、おぶわれていたり
のけぞった姿勢でいる子の多くが口を開けていることも気が付いていました。
しかし、これがどうしてよくないのか、説明ができず、はがゆかった。。。

 

しかし、今回、森田先生の話を伺い、舌の位置による、呼吸器官の選択の違い、
そして、呼吸器官の選択の違いによる、健康への影響という面で

赤ちゃんのだっことおんぶの骨格・姿勢を整えることは大切だということが
ますます強く意識でき、これはすべてつながっている!と実感!よくわかりました!

 

 

こうして文章にしても、きっとまだまだわかりずらいところがたくさんあると思います!

 

毎月のワークショップでは、顎の角度によって、舌位置がどうかわるか?一緒に体感をして、

舌の筋肉を鍛える体操などもご紹介しながら、

赤ちゃんの発達によいだっことおんぶの姿勢についてコンサルタントしていきます。

どうぞ、お楽しみに!

次回7月18日です。

 

P.S.
森田健太郎先生はさいたま市見沼区で菜のはな歯科クリニックをされている歯医者さんでもあります!
審美を目指すのではなく、健康を目指した歯並びの相談にのってくださいますので、お近くの方、ぜひ会いに行ってみてくださいね。
http://www.nanohana-shika.jp/
森田先生からご紹介いただいた著書

片山恒夫氏  

「食生活と身体の退化」

 

石川晴央氏  
「強い歯の子に育てる」

 

【定期ワークショップを開催中】

あなたには今、ちょっとした不安やモヤモヤしていることはありませんか?

毎月1名限定 本当のおうちオフィス・ビジネスコンサル
9月のお申込み受付中
http://www.onnbuhimo.com/product/250

(7月は受付終了・定員に達しました。ありがとうございました)
こどもとくらすことのアトリエは、埼玉県朝霞市で地域の母たちが集まり活動をしています

はじめての子育てと産前産後の女性の暮らしと仕事によりそいます

他、不定期に地域のイベントに出展

だっことおんぶの基本と実践を学ぶ動画講座 開講中!
http://www.onnbuhimo.com/product/258

 

イベントのご案内はFacebookグループでもご案内
https://www.facebook.com/kodomotokurasukotonoatolier/

おんぶ紐・スリング・ベビーラップ
地球と住まいをつなぐ  ベビーウェアリング専門店
おもいでおんぶ
http://www.onnbuhimo.com/

************************************
このメールマガジンはおもいでおんぶでご購入いただいた方、
イベント・講座・ワークショップにご参加いただいた方、
直接お会いして名刺交換をさせていただいた方へお届けしています

************************************

ご意見、感想なども喜んで!このメールへの返信で

ただいま子育ての呼吸*WEBマガジン登録者限定スリング・ベビーラップ割引クーポン配信中!✨✨✨

ただいま子育ての呼吸*WEBマガジン登録者限定スリング・ベビーラップ割引クーポン配信中!✨✨✨
http://www.onnbuhimo.com/page/52

「子育ての呼吸*WEBマガジン」は赤ちゃんとの暮らしの情報や、 季節にあわせた暮らしのコトゴトをお届けするおもいでおんぶ、こどもとくらすことのアトリエのメールマガジンです

自然のこと

地球のこと

宇宙のこと

わたしたちのこと

どんなことに気づきながら大人が生きているのか?ということ

28歳になるときの子どもに役に立つあれこれを、0歳のころから語りかける人に より一層楽しんで頂けるようなコンテンツを配信しています

子育ての呼吸*WEBマガジン 最新号では
保存食と日々のごはんを楽しむ会 7月
新生姜の甘酢漬けとぬか漬け レシピPDFもプレゼント!***レシピ一年分はこどもとくらすことのアトリエで発売開始***
https://www.kodomotokurasukotonoatolier.com/2015年度レシピ販売/#cc-m-product-12803337692

#おもいでおんぶ #こどもとくらすことのアトリエ #スリング #ベビーラップ #ベビーウェアリング