タグ: 抱っこ紐安全協議会

【会員募集についての説明会を開催します】

【会員募集についての説明会を開催します】
2017年10月27日(金)
10時 受付開始
10時15分より12時まで
都内港区施設で行います。
(お申し込みの方に詳細をご連絡します)

【お申し込み方法】
イベントページの参加、興味があるをクリック

終了後
希望者でのランチ交流会

2015年より抱っこ紐安全協議会内で布製抱っこ紐を取り扱うメーカー3社と1団体が主導で事務局運営をしてきましたベビーウェアリングジャパンコミュニティですが、このたび、ベビーウェアリングコンサルタント運営の事務局に運営体制を変更させていただきます。

メーカーの協賛をはなれ、純粋なコンサルタントコミュニティとして、今までイベント運営をしてきたベビーウェアリングコンサルタント同士がつながり、ベビーウェアリングに関するさらなる情報の蓄積と、情報発信、コンサルタント業務請負を展開をしていきます。

今後運営に参加いただけるコンサルタントを募集します。

ベビーウェアリングジャパンにおけるコンサルタント資格をお持ちの方で関心をお寄せいただける方は、ぜひ、この機会に説明会にお越しください。
運営体制についてや、登録後の流れなどご説明させていただきます。

遠方の方は、zoomやスカイプを使った参加も可能です。

ベビー・キッズ&マタニティショー2017

ベビー・キッズ&マタニティショー2017
2017年10月14日.15日開催

抱っこ紐安全協議会 抱っこ紐展ブースの配布物として、ベビーウェアリングジャパン「赤ちゃんの発達とだっこ」リーフレットを採用いただきました。2日間を通じて、1000部配布いただきます。

内容がよい。ベビーウェアリングジャパンコミュニティと各地で講習会を行うベビーウェアリングコンサルタントの活動の応援に、と抱っこ紐安全協議会理事の皆様にメッセージをいただきました。

ありがとうございました。

いよいよ明日!10月14日(土)24時間を切りました♡安産を願う戌の日

いよいよ明日!10月14日(土)24時間を切りました♡安産を願う戌の日

朝7:00からEarth and
デビュー!

メールマガジン会員登録いただいたみなさまへは、昨日、先行予約受付のページを配信させていただいています!
http://onnbuhimo.jp/earth-and-top/earth-and-cart/

そうです!こちら↑のページからご注文いただいた方へ、各色先着20名限定プレミア特典付き商品をお届けさせていただきます✨

明日都内では、ベビー・キッズマタニティショーやニンプスイベントも開催されますね。

ちなみに、10月14日15日、ベビー・キッズ&マタニティショーの抱っこひも展ブースでは、抱っこ紐安全協議会オリジナルLINEスタンプ発売開始記念 スタンプダウンロードをしてゲームに参加!が開催されます

ゲームに挑戦するとおもいでおんぶ スタイリッシュおんぶ紐boras rock greenも当たります!他にもたくさん、豪華商品があるそうですよ!

ベビー・キッズマタニティショーにお出かけの方、抱っこ紐安全協議会ブース、要チェックですね!

みなさま、よい週末をお過ごしください✨✨✨

今日は抱っこ紐安全協議会に参加してきました!

今日は抱っこ紐安全協議会に参加してきました!
だっことおんぶについて、広くお伝えできることに感謝して!

だっことおんぶのある暮らしのナビゲーター*こどもとくらすことのアトリエ*9月5日 妊娠中、新生児からのだっこ*(基本編)はじめてのベビーウェアリングワークショップ

産まれたばかりの赤ちゃんは、初めて体験する環境、とりわけ重力とたたかいながら、自分自身で筋肉や骨格を使って身体をコントロールし、姿勢を保つことを学んでいきます。

自分で身体を支えながら、リラックスして眠り、自由に呼吸をしたり、親とコンタクトをしたりすることは、赤ちゃんにとってなかなか難しいことなのです。

その難しいことを、やりやすく助けるように、親から歩み寄るしぐさがあります

基本編では丁寧に「はじめてのだっこ」を学んでいきましょう
http://www.onnbuhimo.com/product/301

#朝霞市 #こどもとくらすことのアトリエ

おんぶ紐、スリング、ベビーラップのベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」今日は午後から抱っこ紐安全協議会に参加しました

おんぶ紐、スリング、ベビーラップのベビーウェアリング専門店「おもいでおんぶ」今日は午後から抱っこ紐安全協議会に参加しました

抱っこ紐安全協議会では、全体総会のあとに、毎回、勉強会があります。

今日はNPO法人SAFE KIDS JAPANの山中龍宏先生のお話

モンテッソーリ教師研修でも小児科医としての山中先生のお話を伺いましたが、1度の事故に学び、状況を観察して、改善する「傷害予防が大切」という哲学は一貫して山中先生の発信

小児科医現場に来る子どもたちをみていて、繰り返される同じ事故にSAFE KIDS JAPANを立ち上げられたそうです

1度の事故を何度も繰り返さないために、消費者が通院につながる怪我、傷害を自分のせいだけにしないで事故の状況、事実をメーカーや消費者庁に報告し、その報告、事実を受けてすぐ改善ができる、子どもの安全を守る仕組み作りが大切です、と抱っこ紐安全協議会に提言がありました

何事も「使い方」は自己責任、説明書に書いてあります、と言って済ますこともできるのでしょうが重傷事故、傷害が少しでもでないように、抱っこ紐安全協議会では日頃の抱っこ紐の使い方について、啓蒙活動を行っています

おんぶのある暮らしのリズムにのせて*お豆を炊き、踏んで、塩きり麹と混ぜて、丸めて、樽の中に、これは何のレシピでしょうか?

おんぶのある暮らしのリズムにのせて*お豆を炊き、踏んで、塩きり麹と混ぜて、丸めて、樽の中に、これは何のレシピでしょうか?

これは味噌!

毎年作っていますが、「一緒にやる?」の声かけに、子どもたちは今年は満足していたのか、やらな〜いの返事

保存食作りを子どもたちと一緒にできるのも、本当に数年の出来事なのかもと思うとまた、本当にありがたい存在

母ひとりでも、このムニュムニュとした足裏の感触を味わい、笑い!

お腹の底から楽しくなるようなひとときを過ごして、お見積り書を出し、抱っこ紐安全協議会へ出発!!!

会議室でもきっと、この足裏から昇ってきた元気が効くはず!

抱っこ紐安全協議会 布製だっこ紐の安全基準制定分科会主催、「布製抱っこひも安全基準分科会勉強会」に参加しました

抱っこ紐安全協議会 布製だっこ紐の安全基準制定分科会主催、「布製抱っこひも安全基準分科会勉強会」に参加しました

ウルリーケ・ヘーバ氏 (ベビーウェアリング教育機関 ディ・トラゲシューレ創業者兼校長)をお招きしての勉強会

●赤ちゃんの足のポジションのこと
抱っこ紐で抱かれたときにポジションがよい状態の赤ちゃんは、自分の意志で身体を動かせて、足首を上げ下げすることができる

●赤ちゃんの表情をよく観察すること

●よいポジションのベビーウェアリングは赤ちゃんの発達を促す!

他にもたくさんの学びをいただきましたが、ドイツでは、年間800名から1000名のベビーウェアリングエデュケーターがうまれていて、両親学級のときに抱っことおんぶの知識を習うことができるという話が面白かったです!

日本でもぜひ実現させたい体制ですね

日本のSSCメーカー関係者もたくさん参加しての勉強会開催は、園田さん、今成さんのご尽力のおかげです

どのメーカーの何を使っても!道具は使わなくても!

赤ちゃんにとって心地いい体勢があることは大人たちみんなで知っておきたい産前産後のお話だと思いました

今週は木曜日からウルリーケ・ヘーバ氏のベビーウェアリングベーシックコースも始まりますが、すごく楽しみ♡

今日のお話でも、子どもの観察と行動の分析を大切にする姿勢

これは、モンテッソーリ教育の時と同じ!学びたい気持ちがあふれてきました!

地球と住まいをつなぐ おんぶ紐専門店「おもいでおんぶ」も所属する抱っこ紐安全協議会からのお知らせです

地球と住まいをつなぐ おんぶ紐専門店「おもいでおんぶ」も所属する抱っこ紐安全協議会からのお知らせです

先日みなさまにご協力いただいた、抱っこ紐のヒヤリハット体験アンケートについて、昨日結果が発表されました

本日、夕方のニュースで取り上げられるかもしれません

媒体:NHK 
日時:2017年2月1日(水)夕方のニュース 
17:00-19:00のいずれかの時間帯※
内容:抱っこ紐のヒヤリハットアンケート結果
※放送予定です。他のニュースとの関連で放送されない場合があります。

●抱っこ紐ヒヤリハット体験 第1位は「落下の危険」
●「落下」は抱っこひも着脱時が最も危険
●抱っこひも使用時は「前かがみ」に注意
など

布製だっこ紐ではなく、ストラクチャータイプの抱っこ紐をイメージした回答が多い印象ですが、おかげさまでたくさんの経験談が集まりました
ありがとうございました

子育て期の身体の使い方は、一生役立つ暮らし知恵です

みんなで身体意識をあげて、心地よい日々を紡いでいきましょう!

詳しくは↓
http://dakkohimo.jp/archives/news/report01

今日は午後から、抱っこ紐安全協議会に参加しました

今日は午後から、抱っこ紐安全協議会に参加しました

抱っこ紐安全協議会は、36社の抱っこ紐製造、販売、輸入業者が毎年4回(幹事会社は8回!ありがとうございます!)集まって、部材や使い方や赤ちゃんとのコミュニケーションについて勉強、情報交換、そして抱っこ紐の安全な使用方法について啓蒙活動をしています

昨日から「抱っこ紐のヒヤリ、ハッと体験」アンケート回答募集中!メーカー問わず、抱っこ紐を使っていて危ないなと感じたときを教えてください

どんなものでも、大丈夫!親子がお互いの気配を感じながら、気遣い合って、調整するような、どんな抱っこ紐でも使い方こそ大切だとは思いますが、今後の製品の安全性向上に、様々なヒヤリ、ハッと体験を情報共有できたら嬉しいです!
http://dakkohimo.jp/archives/news/survey

シェアも嬉しいです。
◆回答は2016年12月31日まで◆プレゼントあります◆
よろしくお願いいたします